リーズナブルなホテルで、美味しい朝食

スポンサーリンク
四十路の一人旅

スタジアムからの帰り道では大変な目にあったわけですが(自業自得)、無事にホテルで朝を迎えることができました。帰ってこられて良かった。

朝7時くらいに目覚めたのですが、まだ少し暗いですね。

こちらのホテルは年期の入った建物ですし、日本のビジネスホテルと比べると不便を感じることも多いかと思うのですが、私にとっては大変良いお宿で気に入りました。

朝食が美味しかったので、写真を残しておこうと思います。

フロントの少し奥まったところにダイニングがありました。部屋番号を聞かれるわけでもなく、挨拶をして中へ。

ちょっぴりコワモテのマンマが二人でサービスしています。

こじんまりとしていながらも、ちゃんとテーブルセットされています。

ブッフェスタイルのコンチネンタルブレックファスト。

甘い系のパンが数種類。甘くないパンが1種類。ヨーグルト、クリームチーズ、ジュースなど。フルーツやサラダは無かった気がします。

さらにケーキっぽいスウィーツが色々並んでいるのはイタリアっぽいと感じました。

テーブルにはビスケットが2種類。

珈琲はカウンターでオーダーするようです。

ほとんどの人がカプチーノをオーダーしていました。イタリアの朝食ってホントに甘いパンとカプチーノなんだな。

朝食の時はどうしてもブラックが飲みたい派の私は、邪道とは思いながらもアメリカーノをオーダー。

しばらくするとマンマが持ってきてくれました。

大きなポットに入って出てきた!エスプレッソがお湯で薄められたものです。

酸味を感じない深煎りで、苦みはありますが深煎りのほうがカフェインが少ないと言いますし胃には優しい感じがしました。

クロワッサンはちょっと甘くて普通に美味しかった。なんてことのないヨーグルトとクリームチーズだと思うのですが、こちらも美味しいんですよね。

そして、最初はなかったんだけど、おかわりのクロワッサンを取りに行ったら、切りたてのハムとサラミがありましたので、もちろんいただいてみました。

めちゃめちゃ美味しい!

ランブルスコが飲みたくなるお味です。

ハム、チーズ、乳製品の美味しさが日本で食べているレベルと違うと感じました。たぶん美味しいのが普通のことで、当たり前なのでしょうね。

チェックアウトは10時でしたので、朝食後少し休んでから荷物をまとめて出かける準備をしました。

そして10時前にチェックアウト。フロントには、チェックインの時の笑顔が素敵なシニョーレ。宿泊税込みで62€でした。

フロントにはこのシニョーレの他に2人のシニョーレがいたのですが、みなさん親切な対応でありがたかったです。

市内観光をするために荷物の預かりをお願いしたところ、引き換え証みたいのを渡されることもなくて不安でしたが、引き取りの際には素敵なシニョーレが間違えること無く私のバッグを持ってきてくれました。

立地だけで選んだ古くてリーズナブルなこちらのお宿。

しかしながら、美味しい朝食を食べられたし、ベッドは快適でシャワーもたっぷりお湯が出てたし、フロントの人は親切だし。

昨晩タクシーに乗ったときも駅前のHotelと言ったらわかってもらえたし、地下鉄駅が近くて移動に便利だし。

総じてとても良いお宿で、ナイスな選択でした。

次回はトリノ市内観光編です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました